男女

時間のかかる消し込み作業を簡略化する方法

利用するため

オフィス

権利がある

郵便局内に設置している郵便物を預かることができる、私書箱を利用することは誰でもできることではありません。条件には、ほぼ毎日荷物の配達が行われている、私書箱を6ヶ月以上使用する、郵便物を長く預ける行為をしないことを満たすことができる人だけが私書箱を使用する権利を得ることができます。上記の条件を満たしている人なら、郵便局で私書箱を利用する手続きを行なう必要があります。私書箱を使用するためには、3つの条件をクリアしていることが前提であり、クリアしているから登録することなく使用することができる訳ではありません。きちんと書類の記入を行うことで利用することができます。書類には、会社の住所と氏名の記入、利用する予定の日付、書類を記入した日付などを書く必要があります。また、利用を停止する日付が決まっている人なら書類にその予定日も記入する必要があります。

設置しているところ

郵便局内にある、私書箱を利用することで郵便物を更に多く受け取ることができます。そのため多くの企業が活用しているサービスです。このサービスを利用するためには、私書箱を設置している郵便局に申し込みを行なう必要があります。また、郵便局が全て私書箱を設置している訳ではないため、私書箱を設置していそうな郵便局を見極める必要があります。見極める方法は簡単であり、大きな郵便局なら設置している可能性が高く、小さな郵便局の場合は設置している可能性が低いです。それは、私書箱は多くのスペースを使用するため小さめの郵便局では設置することが難しいからです。上記のように、簡単な見極め方があるので私書箱の利用を申し込む際は大きな郵便局がいいでしょう。このサービスは備品などを多く発注する必要がある郵便局から人気を集めています。

このエントリーをはてなブックマークに追加